読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

クロカン 20巻 第10話「心理戦」(三田紀房)感想&あらすじ・センバツが決まる事で周囲の反応も格段に上がるものです…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想。

やはりクロカンはただでは起きないのが再度確認するものです。この心理戦においてこの後の展開にもかなり見入ってしまうのも分かるものです。

面白いところ。

センバツが決まる事で周囲の反応も格段に上がるものです。苦しい中での出来事もかなり面白く捉えているのが分かるものです。

好きなところ。

今まではマスコミに追われていたのを逆手に取るのはクロカン流のやり方であるのも分かるものです。なかなかここまでやるのは凄いに越した事ではないかと感じるものです。

好きなキャラ。

黒木竜次、平泉先生、備前大介、森岡謙一郎

好きなエピソード。

今までは取材を受けていた鷲ノ森でもあるのですが一気に取材規制を掛けるのはなかなか戦略家でもあるものです。選手においては戸惑う場面もあるものですがついて行こうとするのも共感出来るものです。

おすすめ。

選手においてもバッティング練習は戸惑う場面もあるものですがクロカンの秘密特訓をする事で何をするのかがかなり見物にもなるものです。

作品に関する思い出。

追われる側から逆の立場になるのはなかなか戦略がない事には出来ないものです。ここからの鷲ノ森の展開にもかなり見物にもなるものです。

作者に関して。

なかなか考え方一つで変わろうとするのもかなり難しいと感じるばかりでもあるものです。クロカンのやり方も凄いと感じるばかりでもあるものです。

その他。

上手くマスコミを使う事は凄いと感じるばかりでもあるものです。しかしクロカンを知っていると逆手に取ろうとするのもかなり見えてしまうものです。