読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

華麗なる食卓41巻その438「失われた「絶対」と皇帝一家の悲劇の巻」ふなつ一輝・感想&あらすじ・幼少期の皇帝に関しての恋している表情については…ネタバレ注意。 #マンガ

ヤングジャンプ 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

皇帝の過去については読者に関して言葉にも出ないものです。この後の展開についてはワクワクする事にもなってくるものです。

面白いところ。

宗教などについては日本人にはあまり馴染みが無いものですが、インドなどはこの支えについても並大抵ではないかと感じるものです。

好きなところ。

幼少期の皇帝に関しての恋している表情については普通の顔にもなってくるものですがこの後にある悲劇には想像も出来ないものではないかと思います。

好きなキャラ。

皇帝、アタル

好きなエピソード。

料理の楽しさを身に染みた皇帝でもあるのですがその時はなかなか良い感じにも思えるものです。父親も納得しているのは和やかな感じにも思えるものです。

おすすめ。

料理をするのは悪い事ではないものですが、皇帝の悲劇は封印したくなってしまうのも分かるものです。

作品に関する思い出。

カレー料理の中で過去については触れる機会についてはなかなか無いものですが読者にもかなり印象に残るものです。

作者に関して。

なかなか見応え感がある内容に感じるばかりにもなってくるものです。ですが、家族を失う時は難しい感じにも思えるものです。

その他。

皇帝の過去については壮絶な所にもなってくるものです。普通ではこの出来事に関してはなかなか難しい様にも感じるものです。日本ではなかなか分かりえない感じにも思えるものです。