読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

K2・1巻カルテ3ノート(後編)(真船一雄)感想&あらすじ・「QOL」が一番カギにもなってくるものです…ネタバレ注意。 #マンガ

イブニング 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

この話に関しては「QOL」が一番カギにもなってくるものです。考え方にはそれぞれ違いはあるものですが根底はかなり共感出来るものではないかと感じるものです。

面白いところ。

オペを終えた後に一人とTETSUが会話に関してはかなり納得させられる事にもなってくるものです。今後の生活にはどの様になるのかが見ものでもある。

好きなところ。

一也自身TETSUとの関りを持ってから展開はかなり変わってくるものです。それにTETSUを助けたいのは患者としての見方を大切に感じるからではないかと思うものです。

好きなキャラ。

一也、TETSU

好きなエピソード。

このTETSUのオペにした事には「腹腔内化学療法」に関する事でもあるのです。普通ではこの療法に関しては知らない事でもあるので結構勉強にもなってくるものです。

おすすめ。

Kとの繋がりに関してはTETSU自身しみじみと感じやすい感覚にもなってしまうのも納得出来るものです。医師同士の絆に関してもかんがえ深くもなってくるものです。

作品に関する思い出。

TETSU自身はノートをどの様な形で完成しようとするのかがかなり見物でもあるものです。一也達のとの関りで変化を齎すのか見ものでもある。

作者に関して。

これからのTETSUも医師として復活出来るのかが見ものです。

その他。

TETSUにオペをする事になった一也でもあるのです。考え方に関してはかなり不思議にも思えるものですが逆に医師としての心構えが出来ていると感じるものです。

ありがとう寄稿(マンガ感想記事)。

ようやく初ヒットを打つ事に出来た大吾でもあるのです。選手でなくともかなり嬉しいのも納得出来るのではないかと思います。

メジャー-MAJOR 2nd1巻第6話「ちくしょお!!」(満田拓也)感想&あらすじ・野球においては才能ではなく努力の賜物ではないかと感じる内容にも…ネタバレ注意。 #マンガ - ナカノ実験室