読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

黄龍の耳第1巻AWAKE<目覚め>編VOL7・RESOLUTION<決意>(大沢在昌/作・井上紀良/画)感想&あらすじ・美那家の追撃が始まろうと…ネタバレ注意。 #マンガ

ヤングジャンプ 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

ここで美那家の追撃が始まろうとするのです。「犠牲」から始まってしまうのは何とも言えない感覚にもなってくる。

面白いところ。

希郎衛門の話に関してはかなり説得力あるものです。「力」だけでなく「幸福」も必ず考えるのは良い人でもあるのではないかと感じるものです。

好きなところ。

琴子は希郎衛門にメロメロなっているのです。幸せを願うはずなのに「死」を知ってしまう事で口惜しさを感じるものです。

好きなキャラ。

棗希郎衛門、ゴードン

好きなエピソード。

東京駅から京都に向かう事にもなってくるがこの中でも「罠」に掛かってしまうのです。希郎衛門には困難が確実にくるのが分かるものでした。

おすすめ。

東京駅で美那家の刺客が来るのです。今回は「宣子」が来るのですがこの人物に関してもどの様に希郎衛門に関わろうとするのかが見物でもある。

作品に関する思い出。

希郎衛門の「優しさ」に関しては読者にもかなり伝わる内容にもなってくるものです。それに心の強さも試すキッカケにも成って来る事もあるものです。

作者に関して。

「幸せ」とは何だろうかと考えさせられる事にもなってくるがそれ以上に考えさせらる事が深くなって来るのではないかと感じるものです。

その他。

伽那子が離れた事を知った希郎衛門でもあるのです。奪還に行こうとするのですが大河内からの言葉で考えさせられる事にもなってくるものです。