読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

黄龍の耳第1巻AWAKE<目覚め>編 VOL2 NATIVE<故郷>(大沢在昌/作・井上紀良/画)感想&あらすじ・希郎衛門がまどかを助けるのです…ネタバレ注意。 #マンガ

ヤングジャンプ 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

日本についた希郎衛門でもあるのですが出来事は必ずついてくるものです。今回の展開もかなりワクワクするものです。

面白いところ。

着陸する際に管制塔の無線を見ていると知らないでいる方には気づきにくいかもしれませんが希郎衛門の力の凄さも分かるものです。

好きなところ。

空港で妙な出会い方をするのですが「滝沢まどか」ですがこの人物が引き起こす事件もカギが重要にもなってくるものです。

好きなキャラ。

棗希郎衛門、滝沢まどか

好きなエピソード。

状況を知らない希郎衛門がまどかを助けるのです。この事件では「覚せい剤」の取引を抑える事にもなってくるが展開がワクワクするものです。

おすすめ。

この事件の人物は仕事をミスした人に「ロシアンルーレット」をするのですがこの「力」に関してはかなり凄いと感じるものです。

作品に関する思い出。

希郎衛門の力を開放する時には「女」を絡んでいる事にもなってくるものです。ですが、理由を知る事で納得出来るものですし読者にも共感出来るのではないかと感じるものです。

作者に関して。

この話しに関してはかなり勇気を試される事にもなって来るのではないかと感じるものです。普通ではこの展開はなかなか出来ない経験でもあるのですが精神的な部分が絡んで来るのではないかと感じるものでした。

その他。

最後には近づかない事を誓うのです。圧倒的な力の差を知る事で棗家の力を身を持って感じるものです。