読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

華麗なる食卓49巻その524・ずっと目指してたカレーとオレのプラチナチキンカレーの巻(ふなつ一輝)感想&あらすじ・審査員の表情に関しては圧巻でも有る様にも…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

このカレーに関してはマキトの目指していた料理にもなっているのではないかと感じるものです。

面白いところ。

一口食べた瞬間の審査員の表情に関しては圧巻でも有る様にも感じるものです。それにマキト自身の表情がかなり物語っている様にも感じるものです。

好きなところ。

決勝前に修行の成果がかなり出て来る様にも感じるものです。審査員はあっけに囚われているものですが読者においてもこの展開はかなり期待感が持つものです。

好きなキャラ。

高円寺マキト、蓮見響也

好きなエピソード。

修行の成果が十二分に出ている様な感覚にもなってくるものです。マキトは何も語らないのもかなり納得出来るものです。

おすすめ。

カレーに関してはシリーズを通していろんな作品が出てくるものですが一番の力作にもなってくるものです。ネーミングに関しても面白く感じるものです。

作品に関する思い出。

私自身もこのカレーに関してはかなり「美味しそう」な感じにもなってくるものです。もし機会があれば試食してみたいと感じるものです。

作者に関して。

試合展開に関してはかなり見応え感が満載にもなってくるものです。両者とも納得出来る展開にもなってくるのが見えるものです。

その他。

マキトのカレーについてはかなりワクワクするような料理にもなってくるものです。この後に続く審査員の評価も気になるものです。