読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

華麗なる食卓48巻その520・翼の生えた庖丁式と右眼の本当の使い方の巻(ふなつ一輝)感想&あらすじ・蓮見自身も自身の納得出来る…ネタバレ注意。 #マンガ

ヤングジャンプ 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

蓮見の庖丁式についてかなり見入られる事にもなってくるものです。普通ではこのやり方に関してはあまり理解されない事にもなっているので勉強にもなってくる。

面白いところ。

蓮見自身も自身の納得出来る庖丁式で舞う事で満足するものです。父親はあまり良い感じではない様にも思えるものですが逆に「自由」が一番のカギにもなってくるものではないかと思います。

好きなところ。

「食材の声」が聞こえる事で蓮見自身も小さい頃から秀でているのです。それに「強奪」で先代の庖丁式を取得する事で家業から外される事である意味可愛そうにも感じるものです。

好きなキャラ。

高円寺マキト、蓮見

好きなエピソード。

蓮見の技ですっかり魅入られているマキトでもあるのですがマキト自身も「右目」の力の使い方を実感出来るものです。

おすすめ。

一度は右目の力を封印しているマキトですがこの力をこの時にはフルに使う事で実感に変わってくるものではないかと感じるものです。

作品に関する思い出。

この後で料理の完成にもなってくるものです。果たしてどの様になってくるかがワクワクする様にもなってくるものです。

作者に関して。

蓮見自身の過去についても触れる事になってくるのです。辛いまま料理に対してマイナスにも感じられる様にもなってくるものですがそれ以上に「楽しい」と言う気持ちにもなっているのは凄いと感じるものです。

その他。

マキト自身も「食材の切断面」を見れる事で力の使い方にも間違いが無いようにも理解出来る様にもなってくるものではないかと感じるものです。