読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

医龍(TeamMedicalDragon)ワイド版4巻第60幕「ディスク」感想&あらすじ・朝田は軍司に「教授になれない」と…ネタバレ注意。

青年マンガ ビッグコミックス
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。
  • 乃木坂太郎[原案]永井明

一言感想

データを渡すように野口から言われたのですが加藤は渡される所は見たくないのです。

面白いところ。

最期に朝田は軍司に「教授になれない」と告げるのです。その真意に関してはどの様な意味を告げるのか。

好きなところ。

加藤はデータを渡す様に言われたのですが見たくない事で離れて気持ちも落ち込むものです。その中で次のカンファレンスをするのは酷ともいえるのではないかと感じます。

好きなキャラ。

朝田龍太郎、藤吉圭介、加藤昌

好きなエピソード。

霧島が行ってきた事を知ったメンバーは絶望感にも等しい感じにもなってくるものです。この内容には共感出来る部分もあるものです。

おすすめ。

やはり、患者さんの視点からすれば健康体になる事は憧れにもなってくるものですが実際にはこの事に関しても現状は不可能でもあるのかと感じるものです。

作品に関する思い出。

野心的な考えしか持たない軍司には嫌気を覚えるものです。この男が教授になったらすべてが変わってもくると感じるものです。私も拝見するのですが最初には嫌気でした。

作者に関して。

「失うもの」、「これから目指す事」など様々な視点でこれから考えて行かなければならないものですが果たして見つかる事が出来るのかがカギにもなってくる。

その他。

藤吉や加藤が過去に経験した事を再び掘り返そうとするシーンは何ともやるせない気持ちにもなってくるものです。