読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

ゴッドハンド輝 8巻 第117話「ライバルの背中」(山本航暉)感想&あらすじ・入院患者が状態変化で緊急手術をする事にも…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想。

ライバルにおいてもかなり一進一退の展開になるものです。今回は四宮の努力がかなり強く印象にも残るものです。

面白いところ。

入院患者が状態変化で緊急手術をする事にもなるのです。テルには出来なかった癒着の剥離をいとも簡単にやってしまうのもかなり見入ってしまうものです。

好きなところ。

予定手術が入るまで成長する事が出来たテルでもあるのです。しかし北見においては次の壁を見つけるのもかなり分かるものです。

好きなキャラ。

真東輝、佐倉綾乃、北見修一

好きなエピソード。

四宮において次の武器となるのが無い中でもあるのです。それを佐野はどこか寂し気にもなるのですがこの後の展開にも直ぐ分かるものです。

おすすめ。

目の前で圧倒的な技術を見せつけたテルでもあるのです。気持ちがゲンナリとした中でどの様な形で向かおうとするのかがかなり気になるものです。

作品に関する思い出。

四宮は気持ちの面においてもかなり変動が高くなるものです。遅れて来た四宮が見せつけた技術にもかなり圧巻するものです。

作者に関して。

何気ない一幕にもなるのですが逆にテルの課題が直ぐに分かるのもかなり印象にも残るものです。ここからの展開にもかなり見物にもなるものです。

その他。

一つずつ成長に繋がる展開にもなるのですがそれ以上に訓練となる気持ちの面にも感じるのが共感出来るものです。