読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

雪花の虎4巻(東村アキコ・著)感想ネタバレ注意!あらすじ・長尾家は、兄の晴景派と妹の景虎派とに家中分裂してしまう危機…。 #COMIC

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

「雪花の虎」4巻 東村アキコ・著

長尾家は、兄の晴景派と妹の景虎派とに家中分裂してしまう危機を迎えていました。本当は仲睦まじい兄妹なのに、本人たちの望みとは違った方向に周囲がどんどん動いていってしまうもどかしさが、とても伝わってきました。

時代に翻弄されながら必死に生きるその姿は、まさに戦国ならではですね。体が弱くて戦を嫌い、女にうつつを抜かす暮らしをしている頼りない長男の晴景ですが、世の中の汚さは身に染みてよくわかっていて、出陣を決めた時の目つきには覚悟を感じました。晴景の身代わりに、お腹に子を宿していたお凛が亡くなったシーンは泣きました。束の間のやり取りの中で、景虎とお凛の間にも女同士の友情が確かに芽生えていたのではないでしょうか。
そして、晴景を隠居させてお殿様となった景虎ですが、温泉で武田晴信とニアミスした場面はものすごくハラハラしました。ますます美しさに磨きがかかった景虎が、この巻では女の姿になることが多かったこともあり、すっかり魅了されてしまいました。