読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

クロカン 19巻 第10話「この一球に!!」(三田紀房)感想&あらすじ・復帰した打席でいきなりホームランを打つ…ネタバレ注意。 #マンガ

その他 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想。

ようやく復帰出来た一面を見せる事にもなって来たのです。クロカン自身もかなり安堵の表情を見せるのも納得してしまうものです。

面白いところ。

復帰出来たのは一言を思い出す事から始まるのです。私自身もこの言葉の意味については共感出来る内容にもなってくるものです。

好きなところ。

復帰した打席でいきなりホームランを打つのはかなり凄いと感じるばかりでもあるのです。普通であればなかなかこの打席には上手くいかないのも感じるものですが以前の様になるのも納得出来るものです。

好きなキャラ。

黒木竜次、備前大介

好きなエピソード。

ようやく一歩を歩みだせた時にチーム内にも一気に温かな温度が流れる様な感覚にもなるものです。この体系こそチームと言えるのではないかと感じるものです。

おすすめ。

答えが見つかった事でようやく快進撃を踏み出す事にもなるものです。ここからの展開がかなり見物にもなってくるものです。

作品に関する思い出。

団結出来た瞬間の嬉しさは何倍にも感じるものです。やはり野球の良さを実感出来る瞬間にもなれるのが良い事にも繋がってくるものです。

作者に関して。

延長戦の激闘は鷲ノ森において成長に繋がる試合にもなってくるのが分かるものです。この後にもどの様な形で闘えるのかが見物にもなってくるものです。

その他。

備前が復帰出来たのは「責任」と言うのですがやはり自身の心の中で感じてた部分が露呈に出る事で考え方一つで変わろうとするのも分かるものです。

ありがとう寄稿。

新と肉まんくんの対戦は意外な組み合わせで興味深かったですが、そういえば二人は子どもの頃からの顔見知りでしたね。小学生の頃から当たり前のように毎回優勝を勝ち取ってきた新を、陰でずっと見てきた肉まんくんの胸の中には、きっと一言では語り尽くせない様々な思いがあることでしょう。

ちはやふる33巻(末次由紀)感想ネタバレ注意!あらすじ・史上最多出場者数となった全国大会個人戦の様子を描いた一冊…。 #COMIC - ジャンプ部屋ブログ