読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

感想レビュー「晴天の霹靂:劇団ひとり監督、大泉洋主演」笑いあり、涙ありのエンターテイメント作品である・おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

「晴天の霹靂」を見て泣いた・・・タイムスリップして触れた家族の底知れぬ愛に感動。

劇団ひとり監督、大泉洋主演の映画「晴天の霹靂」は笑いあり、涙ありのエンターテイメント作品である。
冴えない生活に嫌気がさし、いつもむなしく暮らすマジシャンの晴夫は、突然、40年前にタイムスリップする。
そこには同じくマジシャンである若かりし頃の父と、晴夫を出産後、失踪したはずの母がいた。
母は優しく、美しく、晴夫が想像していたイメージとは全くかけ離れていた。
愛情など何ひとつ受けていないと考えていた晴夫は皆から愛され、特に、母から受ける愛情は計り知れないものであった。
この人は、本当に俺を捨てたのか?
父とコンビを組み、次第に人気者へとのし上がっていく2人の運命は?
はたして晴夫は現在に戻れるのか?
出産に苦しむ母はどうなるのか?
タイムスリップによって知った、父と母が持つ思いやり、愛情は、涙もの。
昭和のノスタルジックな雰囲気と、大泉洋、劇団ひとり、柴咲コウ、風間杜夫等の、個性的な俳優の名演が見事に融合した秀作。

ありがとう寄稿。

自分の作ったシステムによって、自分に関するデータが消滅させられてしまった主人公が見えざる敵と戦っていくストーリーとなっていますが、何でもデータで管理されている現代社会の怖さを感じさせられます。

ドラマ・そして、誰もいなくなった第5話/テレビ感想&あらすじネタバレ注意・主人公と同じくパーソナル・ナンバーを持たない人たちと出会い。 #TV | おすすめ面白い小説用ブログ。