読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

ドクターケイ・Doctor k-地球上最強の寄生虫兵器編第11話「最強の武器」(真船一雄)感想&あらすじ・タイトルについては「ハイブリッド白血球」がカギでもあるのです…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

このタイトルについては「ハイブリッド白血球」がカギでもあるのです。以前KEIが打ち込んだタイプと同じである事が功を奏したのが分かるものです。

面白いところ。

寄生虫での侵略が失敗した事で「核」で攻めようとするのです。自棄になってしまうのも見てて分かるのですが自分がやった事の怖さがまだ分からないのかが不思議にも感じるものです。

好きなところ。

研究員達も半々に別れてしまった事ですが再び会えた事で感動の再会にもなったのです。やはり恐怖の中でいた事が話の中で現れているのも分かるものです。

好きなキャラ。

KEI、KAZUYA

好きなエピソード。

医療の大きさがかなり伝わる内容にもなってくるものです。

おすすめ。

事件は一旦解決する所までは分かるものです。唯一磯永を救う特効薬について有耶無耶になりかけた中でKEIは必死に欲しい事を伝える内容はかなり嬉しい限りにもなってくるものです。

作品に関する思い出。

フォルクの考え方に関しては「恐怖」がメインにもなってくるものです。その中での研究員達の気持ちを考えると疲労感が高まってくるのもかなり印象を与えるキッカケにもなってくるものです。

作者に関して。

事件解決した場面では大統領の度量の大きさがかなり印象を与えるキッカケにもなってくるものです。

その他。

最後にはフォルクの野望も潰えた中で銃を使おうとするのです。男性陣は護衛をする事しか無い中でKEIは真っ先に飛びかかろうとするのは凄いと感じるばかりでもあるものです。

ありがとう寄稿。

オノマチが好きで録画してるドラマ。我が家も子なし夫婦なので興味深く観ています。でも主人がいる時には観れないな。内容が養子とかちょっと微妙だもん。養子が欲しいと思われちゃいそう。

虐待にあってた5歳くらいの子を養子に貰うってこういう問題が起きるのね~って…はじめまして、愛しています。第3話/感想(ネタバレ注意)。 #TV | みんなのレシピ・お料理ブログ。