読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

ドクターケイ・Doctor k-地球上最強の寄生虫兵器編第8話「制限なき野望」(真船一雄)感想&あらすじ・TETSUが潜入した事を後に分かる事にもなったのです…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

敵の野望に関しては際限無いのもかなり考えさせるものです。しかしKにおいては医療を悪に染めるのはいけないのも分かるものです。

面白いところ。

TETSUが潜入した事を後に分かる事にもなったのです。ようやく解放された事で組織を一網打尽にする決意にも見物になってくるものです。

好きなところ。

研究員が地下に閉じ込められてしまっている事をK達は唖然とするばかりにもなってくるものです。野望の為とはいえなかなか考えられない事ばかりにもなってくるものです。

好きなキャラ。

KEI、KAZUYA

好きなエピソード。

組織の場所についたKでもあるのです。何も無い事でKEIは磯永に対して申訳無い気持ちが目立つのもかなり共感出来るものです。

おすすめ。

Kの身体について多少なりとも違和感を感じるばかりにもなってくるのですがこの感覚がどの様な展開になってくるのかが気になってくるものです。

作品に関する思い出。

野望に関しては無制限にもなってくるのです。しかし医療の事を考えるとフォルクの様な人物にはかなり嫌にもなってくるものです。

作者に関して。

更なる展開にかなり気になってくるものです。K達はフォルクの野望を止めるのが出来るのか見所にもなってくるものです。

その他。

フォルクの考え方に関しては野望を達成させる事ばかりに注目するのです。このやり方に関してはかなりマイナスの考えにもなってくるのが分かるものです。

ありがとう寄稿。

先週に引き続き恐ろしかったですね。なんというかジワジワくる、ほんとうにありそうな無さそうな、ある日突然自分に降りかかってきたら‥なんて考えてしまいますね。

そして誰も、いなくなった2話/感想!五木君。たこ焼きなんて持ってきた、人の家に押し入りチェーンまで…(ネタバレ注意)。 #TV | 大人がおすすめる漫画日記。