読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

ホルスの手3巻第20話「つながる命」(関達也)感想&あらすじ・脳外チームがオペに入ろうとするのですが唯一九条医師は南沢教授と同じ見方を…ネタバレ注意。 #マンガ

その他 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

このタイトルについてはかなり考えさせる内容にもなってくるものです。専門分野でしか見ない医療の根底を覆そうとするのはかなり注目しやすいものです。

面白いところ。

医師達においても見方が変わろうとするのは不思議な感覚にもなってくるものです。脳においては経験を積まなければ分からない部分もかなりあるのではないかと感じるものです。

好きなところ。

脳外チームがオペに入ろうとするのですが唯一九条医師は南沢教授と同じ見方をしているのです。この展開にはかなり驚くばかりでもあるものです。

好きなキャラ。

九条十三郎

好きなエピソード。

カテーテルでの血栓除去をする事になった九条医師でもあるのですが南沢教授から気に入られるのは流石と言えるものです。

おすすめ。

食道がんチームが入れないまま時間が経過する事にもなってくるのですがこのままでは「インオペ」にもなりかねない展開にもなってくる中でどの様な打開策を見つけるのかがかなり見物でもあるものです。

作品に関する思い出。

このオペを通じて禅問答をしている様にも見えるのです。やはり命の繋がりがかなり重要視されているのが痛いほど分かるものです。

作者に関して。

難関と言われるポイントが出た中でこのオペに対しての答えが後に分かるものです。

その他。

バイパス手術を終えた越前医師達でもあるのです。大高知教授が昔話をしている中で「九条医師」の存在を認めさせようとするのはかなり微笑ましいものです。

ありがとう寄稿。

最終回で同点に追いつかれてしまったのです。すっかり弱気になった大吾に意外な人物が手助けをするのです。この展開にはかなり見物でもある。

メジャー・セカンド-MAJOR 2nd 4巻第30話「取り返せ!」(満田拓也)感想&あらすじ・最終回で同点に追いつかれてしまったのです…ネタバレ注意。 #マンガ - ナカノ実験室