読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

邪道1巻 第3話「分裂の兆し」(土山しげる)感想&あらすじ・淡々とラーメンを食べているお客でもあるのですが…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想。

ボスがいなくなってからの天守閣は分裂の危機に近くなっているのが誰もが感じるものです。なかなかこの展開にはシビアな感覚にもなるものです。

面白いところ。

淡々とラーメンを食べているお客でもあるのですが表情にもどこか冴えない部分が垣間見えるものです。それを3人がどの様にするかワクワクするものです。

好きなところ。

梅沢は店長が帰って来た事で手のひらを返した様に優しい言葉で3人に指導をするのです。敢えて厳しい言葉を掛けるのは気迫が込められている反面やり方には疑問を抱くものです。

好きなキャラ。

兵藤新介

好きなエピソード。

店長が終わった後にスープの素を探ろうとするのです。梅沢は密かに思っていた行動をこれからどの様にするかかなり見応えが増すものです。

おすすめ。

店長会議では結構無理な課題にもなってくるのが印象的でもあるのですがこの中でも各支店長がどの様な形で迎えるかがかなり気になるものです。

作品に関する思い出。

ラーメンの絵を見るとかなり美味しそうな形で書かれているのです。やはりお客においては的確な味を求めているのがかなり印象にもなるものです。

作者に関して。

一つずつの修行にもキチンとした意味にも繋がるのが印象的にもなるのです。しかし時と場合によってはやり方を考えてしまうものです。

その他。

3人においてはそれぞれの特徴を見抜いた柳沢はの観察力にも脱帽するものです。それを必死に応えようとするのも共感出来るものです。