読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

ダイヤのA 8巻 第62話 「初戦の相手」(寺嶋裕二)感想&あらすじ・開会式終わり後にひと段落するかと思いきやライバル校の存在…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想。

初戦に挑もうとする青道でもあるのです。情報収集する中でも選手にもかなり気持ちの高まり方にもかなり見物にもなるものです。

面白いところ。

開会式終わり後にひと段落するかと思いきやライバル校の存在にもかなり印象にも残るものです。その中でも降谷の表情も面白いものです。

好きなところ。

先発として考えていた丹波が離脱した事で川上にもかなりプレッシャーが来るのもかなり驚くものです。それにこの影響がどの様になるか見物にもなるものです。

好きなキャラ。

沢村栄純、御幸一也、降谷暁

好きなエピソード。

初戦が絡んで来ると気持ちの面においてもかなりの変化が出やすいものです。それに相手校の気持ちにもなかなか高ぶってくるのも共感出来るものです。

おすすめ。

OBにおいても母校の活躍が出来るのかがかなり見物にもなるのです。やはり選手においてもかなりのプレッシャーにもなる中でどの様な形になるかカギにもなるものです。

作品に関する思い出。

一つの行動にてかなり印象が変わる事にもなるのです。それに古豪の復活においてもかなり気になるのも分かるものです。

作者に関して。

皆が緊張している中でも沢村においても一人元気になっているのがかなり気になるものです。クリスとの蟠りが解けてからの印象にもかなり変わってくるのも分かるものです。

その他。

初戦の入り方にもかなり印象に残るものです。なかなか考えられない展開にもなるのですが気持ちの面にも納得出来るのです。