読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

ゴッドハンド輝 8巻 第114話「生命の祈り」(山本航暉)感想&あらすじ・序盤はテルが慌ててペースが崩れてしまうかと…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想。

オペにおいて何が起こるのかが分からないものです。しかし今回のオペ程気持ちの面においても込められているのがかなり共感出来るものです。

面白いところ。

序盤はテルが慌ててペースが崩れてしまうかと思うものですが逆に北見は冷静に熟そうとするのはかなり見物でもあるものです。

好きなところ。

器械出しの極意を掴みかけたテルでもあるのです。やはり熟練を積む事で見える所もかなりあるのが分かるものです。

好きなキャラ。

真東輝、北見修一

好きなエピソード。

オペのスピードが格段に上がるのがかなり凄いと感じるばかりにもなるものです。それに助手のメンバ―もついて行くのがやっとであるのもかなり気になってくるものです。

おすすめ。

北見の気持ちの面においてもかなり切実になるのが分かるものです。やはり大切な人がいればこそと思う気持ちにも分かるものです。

作品に関する思い出。

手術において北見の存在は大きく見えるものです。院長もこの気持ちにもかなり伝わるのも分かるものです。なかなか見応え感が高まるのも分かるものです。

作者に関して。

オペの魅力はやはりチーム力が試される事にもなるのです。やはり大きな手術であればこそその魅力にもかなり分かるものです。

その他。

院長は付き添いで来ていた家族の元に状況を説明するのです。緊張感が高まる事にもなるものですが思っていたよりも早く終わったのはかなり気になるものです。