読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

クッキングパパ 2巻 15話「おもうぞんぶんローストチキンを」(うえやまとち)感想&あらすじ・クリスマスの中一生懸命に働いている姿には…ネタバレ注意。 #マンガ

その他 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

クリスマスの中一生懸命に働いている姿にはかなり見物にもなってくるものです。その中でも輝くのが「ローストチキン」でもあるのです。この内容には感激するものです。

面白いところ。

なかなか手の込んでいる料理でもあるので一筋縄では行かないのが分かるものです。しかし一味においては敢えて挑もうとするのはかなり凄いと感じるものです。

好きなところ。

一味はクリスマスの為に敢えて会社を休んだと言うのが意外にも感じるものです。それでもキチンと仕事を熟していけるのはかなり見物でもあるものです。

好きなキャラ。

荒岩一味、木村夢子

好きなエピソード。

一生懸命に夢子は一味にパーティーの参加を呼び掛けるのです。しかしそれ以上に置き土産の存在が格段に大きいのもかなり気になるものです。

おすすめ。

まことにおいては一味がいる事で違和感を感じるものですが逆に理由を聞いた事でズッコケるシーンにもなかなか面白いものです。

作品に関する思い出。

目的の為に必死に働いているのはなかなか見られない事でもあるのですが敢えて隠そうとするのは一味においての分かられない為でもあるのが分かるものです。

作者に関して。

料理だけでなく、プレゼントがあってこそ魅力が違ってくるものです。

その他。

まことからプレゼントをされた一味でもあるのです。意外にも似合っているのがかなり印象的にも思えるものですし虹子さんも嬉しいのが見てて微笑むものです。