読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スーパードクターK 院内感染菌MRSAの恐怖!! 第10話「高品の決断」(真船一雄)感想&あらすじ・不祥事となってくると院長などは隠そうとするのです…ネタバレ注意。 #マンガ

その他 青年マンガ

一言感想。

院内感染が発症した事で事態が悪い方向に向かいかけてしまうのです。しかし高品医師においては独自の考えを持っているのがかなり気になるものです。

面白いところ。

やはり不祥事となってくると院長などは隠そうとするのです。この流れについてはかなりマイナスにもなってくる中で高品医師は真実を告げようとするのもかなり面白くなるものです。

好きなところ。

家族においても院内感染に関してはどの様に関わって行ければ良いのか戸惑う中で高品医師の答えについても見物にもなってくるものです。

好きなキャラ。

KAZUYA、高品医師

好きなエピソード。

Kは患者の元で観察をしていたのですが斉藤看護師に助けを求めるのです。しかし治癒力を信じようとするKの想いにもかなり関心するものです。

おすすめ。

医療においては必ず付いてくるのが「訴訟」でもあるのですが逆に真実をキチンと伝える事の大切さがかなりカギにもなってくるのが分かるものです。

作品に関する思い出。

なかなか見てても深刻さが伝わる内容の連続にもなってくるものです。最後まで諦めない気持ちになっているのがかなり伝わるものです。

作者に関して。

それぞれの立場においてかなり共感出来るものです。しかし何が答えなのかがかなり意味深にも感じるものです。

その他。

一旦Kは患者の元を離れようとするのです。この意味についてはどの様な形になるのかがかなり気になるものです。