読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

クロカン 20巻 第7話「レール」(三田紀房)感想&あらすじ・この言葉の意味についてはかなり考えさせる内容にも…ネタバレ注意。 #マンガ

その他 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想。

この言葉の意味についてはかなり考えさせる内容にもなるものです。やはりクロカンの圧倒的な言葉の意味については考えさせる事にもなるものです。

面白いところ。

クロカンは差し入れで持って来たお菓子でもあるのですがこの意味についてはどの様な形であるのかがかなり見物にもなるものです。

好きなところ。

クロカンは役場に呼び出された事で周囲の意見を聞く機会があるものです。村の意見としては分かるのですが逆に何かを得ようとする気持ちにも共感出来るものです。

好きなキャラ。

黒木竜次、平泉先生、備前大介

好きなエピソード。

備前が平泉先生の元に相談行った事でようやくクロカンの言ってた真実が見えるものです。そこからの展開にはかなり考えさせる事ばかりの連続にもなるのが分かるものです。

おすすめ。

マスコミの怖さを身を持って経験出来たのはかなり成長にも繋がる事ではないかと感じるものです。それを知っているといないとでは考え方にもかなり変化が出やすくなるものです。

作品に関する思い出。

苦労の連続でもあるのですがチーム内を結束力を高める為にはどこか共感出来るのではないかと思うのです。

作者に関して。

なかなか素直ではない感覚の連続でもあるのですがやはりキッチリと締めるのもクロカンの役割ではないかと感じるものです。

その他。

目先の事ばかり注目されやすいものですがやはり将来を見据えていかなければならない事を考えさせるのも監督の力ではないかと感じるものです。

ありがとう寄稿。

ゲームショップ「ファンタジィ」でアルバイトとして働くことになったメガネっ娘・栗原真紀。そんななか彼女は店内のブースで騒ぐ成人男性3人組(ジャージ・ヤブ・ヒラノ)に絡まれてしまう。

以下略(全1巻)平野耕太/感想ネタバレ注意!あらすじ・ダメ人間とメガネとヤクザのオタ談義…。 #COMIC - ジャンプ部屋ブログ