読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

クロカン 19巻 第6話「静かなる指揮官」(三田紀房)感想&あらすじ・選手達の心理からすれば勢いがあるままに進みたいという気持ち…ネタバレ注意。 #マンガ

その他 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想。

いつもなら一番にはしゃぐはずのクロカンでもあるのですが関東大会に出場してからガラリと変わろうとするのですがこの真意に関してはどの様な形になってくるのかカギにもなってくるものです。

面白いところ。

選手達の心理からすれば勢いがあるままに進みたいという気持ちにも分かるものです。しかし最後まで静かな監督の展開に違和感を感じるものです。

好きなところ。

チームの勢いとは別の雰囲気を持っているクロカンでもあるのです。どこか曇った表情をしているのが気になってしまうのですがこの意味が気になるものです。

好きなキャラ。

黒木竜次、備前大介、田代良治

好きなエピソード。

記者会見では質問内容にも答えが出ている様にも思えるものですがどこかはぐらかされてしまうのが気になってしまうのです。

おすすめ。

先制点が入った事で気持ちの面にもかなり余裕が出てくるのが分かるのですが監督の言っていた言葉の重さがかなり身に染みるものです。

作品に関する思い出。

この試合の重さをチーム全体で知る事になってくるのはかなり大切な事にもなってくるものです。

作者に関して。

なかなか分かりにくい場面の連続でもあるのですがクロカンはキチンと答えを導かせる展開にさせるのも分かるものです。

その他。

このタイトルの意味に関しては試合がキチンと答えを出しているのが分かるものです。この後にもかなりカギとなってくるのが分かるものです。

ありがとう寄稿。

アメトークが週二回の放送になってから、初めて日曜日の放送を見ました。木曜の深夜放送分と変わらず、とても面白かったです。iPhoneは私自身よく理解してなく、使いこなせていないため、使いこなせていない芸人と同じ気持ちで、非常に勉強になりました。

iPhone使いこなせない芸人・アメトーーク/テレビ感想&あらすじネタバレ注意・Hey Siri機能紹介で、友近が全然関係無いモノマネをしていたのは、めちゃくちゃ笑えました。 #TV - ナカノ実験室