読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

クロカン 19巻 第4話「オールディフェンス」(三田紀房)感想&あらすじ・最終回にこのタイトルの意味について分かるものです…ネタバレ注意。 #マンガ

その他 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想。

クロカンの新たな戦略方法にはかなり驚くばかりにもなってくるものです。この戦略でどの様になってくるのかがかなり見物にもなってくるものです。

面白いところ。

最終回にこのタイトルの意味について分かるものです。新たな形を披露する事でインパクトを与えようとするのも共感出来るものです。

好きなところ。

打力がつくと観客にも安心して展開を見守る事が出来るものです。その形が選手にも伝わっているのも共感出来るものです。

好きなキャラ。

黒木竜次、備前大介、田代良治

好きなエピソード。

試合が進むに連れて運び方次第では選手層にも地力が出ているのも分かるものです。やはり普段の練習方法にもよるのではないかと感じるものです。

おすすめ。

最後まで試合は分からないのが魅力にも感じるものです。ですが一つずつ気持ちが込められているのもかなり捉え方一つではないかと感じるものです。

作品に関する思い出。

相手が混乱している時程チャンスの連続にもなってくるものです。ピッチャーに関しては表情に出てはいけないのではないかと感じるものです。

作者に関して。

ここまで力の存在を見せつけるのはかなり勇気がいるものです。その名kでのクロカンも分かるのではないかと感じるものです。

その他。

クロカンは選手のクセを直ぐに見破るのは凄いと言えるばかりでもあるものです。その通りになっているのも分かるものです。

ありがとう寄稿。

個性という超常の力を人が持つのが当たり前になった現代社会。そこではコミックの世界の職業、ヒーローが大人気だった。そんな中、なんの力も持たない無個性の少年、緑谷出久は憧れのナンバーワンヒーロー、オールマイトと出会い最高のヒーローになるため努力していく。

ラストシーンは、デクがオールマイトの決め台詞「もう大丈夫。私がきた。」を言って、ヴィランに襲われている少年少女を助けて終わり?ハッピーエンド?僕のヒーローアカデミア・最終回結末予想ネタバレ注意! | 大人がおすすめる漫画日記。