読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

アドリブ店長R 5巻 第9話「さよなら!松さん祭り」(あかつきけいいち)感想&あらすじ・定年退職になるかと思いきや非常勤として再復帰したのはかなり唖然…ネタバレ注意。 #マンガ

その他 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

長年勤務していた松さんの祭りにもなるのです。最初には乗り気でもない主任でもあるのですが展開にはかなり見物にもなってくるものです。

面白いところ。

定年退職になるかと思いきや非常勤として再復帰したのはかなり唖然とするものですが逆に面白いのもかなり共感出来るものです。

好きなところ。

最初は気づかない所でもあるのですが逆に設定が上がっている事に気づいてから問い詰めようとするのも見入ってしまうものです。

好きなキャラ。

小早川店長

好きなエピソード。

最終日には設定を一任された事を店長から告げられるのです。「下げ」と思いきや思いっきりとした展開になるのも主任としてはかなりやり切った感覚にも分かるものです。

おすすめ。

正式発表する前に店長から告げられたのはかなり切ない気持ちにもなるものです。しかし最後まで目を離せないのもかなり共感出来るのではないかと思うのです。

作品に関する思い出。

定年退職する事にはかなり切ない事ばかりにもなるものです。しかしこの話にはかなりオチが細かく書かれているのも分かるものです。

作者に関して。

松さんの功績が幅広く感じるものです。普段とはかなり違った展開にもなるのがかなり見入ってしまうものです。

その他。

寂しい展開にもなるかと思いきや逆にいつも通りの展開になりつつあるのもかなり見入ってしまうものです。やはり祭りが好きな松さんも分かるものです。

ありがとう寄稿。

ファッション雑誌のLASSYの編集者を夢見る河野悦子。でも配属された先は校閲部。ここで頑張れば異動のチャンスもあると言われ、なんとか頑張る悦子。最初は校閲部の同僚から浮いていたが、みなと協力し合ううちに打ち解けていき、校閲の仕事にも生き甲斐を見出している。

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子/最終回と結末の予想&感想ネタバレ注意「幸人と悦子はお付き合いし、ハッピーエンドで終わると思います。打ち切りにはならない」続編があるなら? - みんなの芸能ブログ。