読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

ドクターK Kの息子現る!?編 第5話「奇跡を願う声」(真船一雄)感想&あらすじ・KとKEIが立てたオペプランについては同じであるのがかなり驚くばかりにも…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

奇跡を願う声に関してはかなり共感出来る場面にもなってくるものです。やはり患者の立場になってくると分かる範囲にも出てくるものです。

面白いところ。

KとKEIが立てたオペプランについては同じであるのがかなり驚くばかりにもなってくるのですが逆に成功に導くのはかなり凄いと思うのです。

好きなところ。

KEIは手術の前にKから託された言葉についてはかなり重みがある内容にもなってくるものです。しかし気持ちが変わったのも思わず納得出来るのではないかと思うのです。

好きなキャラ。

KAZUYA、KEI

好きなエピソード。

執刀医として任されたKEIでもあるのです。経験出来ない緊張感の高さがかなり伝わるものです。想いについてもかなり分かるのではないかと感じるものです。

おすすめ。

全体が一体感となった中でのオペをするのはまた違った視点を見れるものです。やはり気持ちの面においても格段に変わってくるのも共感出来るものです。

作品に関する思い出。

オペが成功した事でガンの縮小にもなったのです。やはり恩義があると想いの大きさもかなり変わろうとするのも納得出来るものです。

作者に関して。

治療方法に関しては流石とも言えるものです。ですが患者となったKはこれからの形でどの様になってくるかカギにもなってくるものです。

その他。

Kを慕うメンバーが集結するのは圧巻の内容にもなってくるものです。それに気持ちが込められているのもかなり分かるものです。

ありがとう寄稿。

まず、あまり知らない校閲という仕事を垣間見ることができたのが率直に面白かったです。どういう観点で仕事をしていて、どういう人と関わっているのかが、1話目から伝わってきました。

ドラマの中で校閲の手法も学べて、校閲に少し興味を持つことができ、楽しみです…地味にすごい!校閲ガール1話/テレビ感想&あらすじネタバレ注意。 #TV | 安心の在宅ワーク!稼ぐ人の口コミ・ブログライティング。