読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

スーパードクターK 心臓移植編 第10話「仕事の鬼」(真船一雄)感想&あらすじ・患者として入院してから劇的な回復を見せるのはかなり微笑ましい…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

このタイトルの意味についてかなり考えさせる事にもなるのですが周囲の協力がかなり不可欠にもなるのが分かるものです。

面白いところ。

患者として入院してから劇的な回復を見せるのはかなり微笑ましい事にもなるのですが妻が支えているのも共感出来るものです。

好きなところ。

患者は最初の頃は「仕事の鬼」と言われている姿にも納得出来るものですが大病を患っても同様に熟そうとするのもかなり分かるものです。

好きなキャラ。

KAZUYA

好きなエピソード。

リハビリに関しても定番の事しか考えてしないのも同じ医療を考えてしまうものです。しかし身近な人がいるからこそ大きな力に変わろうとするのも分かるものです。

おすすめ。

今回の話については現場に出ている私自身もかなり考えさせる事にもなってくるものです。いかに患者の気持ちに寄り添えるかがカギにもなるものです。

作品に関する思い出。

地獄のそこから復活する過程に関してはかなり凄いと感じるばかりにもなるものです。しかし一番のカギになってくるのは「家族」の力が大切になろうとするのも共感出来るものです。

作者に関して。

一つの大切さがかなり身に染みる内容にもなるものです。リハビリの大切さも分かるものです。

その他。

部下達も上司の事は不安にもなるかと思うのですが逆にきっちりと支えようとするのはかなり恩義があるからではないかと思うのです。

ありがとう寄稿。

臨場シリーズ2の似顔絵。臨場は警察の検死官を描いた、横山秀夫原作小説がもとになった連続ドラマである。映画化もされている。相棒ほどではないが、相棒・科捜研の女・京都地検の女などにつぐテレビ朝日午後の再放送枠には欠かせないドラマである。

臨場シリーズ2・4話「似顔絵」テレビ感想&あらすじネタバレ注意・犯人の共犯の女性は人づきあいの苦手な…。 #TV | 安心の在宅ワーク!稼ぐ人の口コミ・ブログライティング。