読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

クロカン18巻第7話「不動の采配」(三田紀房)感想&あらすじ・久賀の病気と言うのが「気分屋」であるのが今回の話…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

悪い流れはどこまでもついてくるのが分かるものです。なかなか断ち切れないのも見てて辛いと感じるばかりでもあるものです。

面白いところ。

久賀の病気と言うのが「気分屋」であるのが今回の話で見えるのです。これまでも見てて違和感を感じていたのですが話で納得出来るものです。

好きなところ。

高塚がクロカンの動きを読んで対策を講じようとするのですがピンチになってても動じないのがどの様になるのかがカギにもなってくるものです。

好きなキャラ。

黒木竜次、備前大介、田代良治

好きなエピソード。

観客も半ば諦めかけているのが伝わるものです。私自身もこの気持ちにはかなり共感出来るものです。

おすすめ。

コールドゲームになりかけの所まで進んでしまうのです。この後にはどの様になってくるかかなりきわどい所まで行ってしまうもんです。

作品に関する思い出。

野球の事についてはなかなか難しい所でもあるのです。しかし監督を信じようとする気持ちがない事には出来ない所もあるのが分かるものです。

作者に関して。

なかなか緊張感が高まってくる内容にもなってくるものです。それぞれの気持ちになってくるとワクワクする感覚が高まってくるのも分かるものです。

その他。

クロカン自身が珍しく采配に迷いが生じているのです。この結果がこれからの展開にどの様な形になろうとするのかが見物にもなってくるものです。

ありがとう寄稿。

あまりにも有名な映画ですが、今まで生きてきた中で一番感動した映画です。どの主人公がかけても指輪を葬る事ができなかった。そして、魅力的なキャラクターに映像。長い時間に関わらず、一度もトイレに立つ事なく何度も見続け小説まで買いました。特に好きなのは、サムです。どんなにフロドがふりはらっても、自分の使命はフロドを守る事だと信じて疑わず、何度もフロドがおかしくなりそうなところを助け、担い、苦しみを分かちあうところが感動でたまりません。

感想レビュー「ロードオブザリング」魅力的なキャラクターに映像。長い時間に関わらず、一度もトイレに立つ事なく・おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。 - みんなの芸能ブログ。