読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

クロカン18巻第6話「あの夏の無念」(三田紀房)感想&あらすじ・ピンチの時ほど苦労の連続が押し寄せる事にも…ネタバレ注意。 #マンガ

その他 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

ピンチの時ほど苦労の連続が押し寄せる事にもなってくるのです。しかしチームの要にもなっている久賀が何か違和感を抱くのですが果たしてどの様になってくるか見物にもなってくる。

面白いところ。

クロカンは敢えて選手達に檄を飛ばしているのです。この真意に気づくかがカギでもあるのですが果たしてどの様になるかワクワクしながら見て行けるものです。

好きなところ。

備前を中心に選手内でもかなり意気込みが高まってくる内容にも思えるものです。クロカンの冷静な行動にも見物である。

好きなキャラ。

黒木竜次、備前大介、田代良治

好きなエピソード。

備前は一人単独ての攻めようとするのです。燃え上ろうとするのはわかるのですがここからの展開次第にはかなり見入ってしまうのではないかと感じるものです。

おすすめ。

恋人の噂があった瞳先生でもあるのですがどこか気持ちを封印している様な感覚にもなってくるものです。果たして真実はどの様になるのかがカギにもなる。

作品に関する思い出。

挫折を知っているからこそ見える幅が広がってくるのです。それが試合に対してどの様な変化であるのかワクワクしながら見れるものです。

作者に関して。

終盤では久賀が変わろうとするのですがどの様な形になるのかがこれからの展開次第ではないかと感じるものです。

その他。

追いかける立場になって来る事であれこれと考えだす事で試合にどの様な形で影響を齎すのかが見物にもなってくるものです。

ありがとう寄稿。

私が泣ける映画の一番のお勧めは「武士の一分(いちぶん)」です。木村拓哉主演で、檀れいさんが出ている、山田洋二監督の作品です。原作は藤沢周平で、当時時代劇三部作と言われていました。その三作目、完結作です。はじめて見たときは一人で見たのですが最期のシーンで泣きました。

感想レビュー「武士の一分(いちぶん)」木村拓哉主演で、檀れいさんが出ている、山田洋二監督の作品。原作は藤沢周平・おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。 - みんなの政治経済ブログ。