読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

ドクターケイ・Doctor k-地球上最強の寄生虫兵器編第5話「平和崩壊!?」(真船一雄)感想&あらすじ・磯永は西城医院から北本総合病院に勤務する事にも…ネタバレ注意。 #マンガ

その他 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

KEIを狙った組織の一部が不穏な空気が淀んでいるのです。それを磯永自身がどの様な形になってくるのかが気になってくるものです。

面白いところ。

磯永は西城医院から北本総合病院に勤務する事にもなってくるのですがその中でも磯永自身の性格がかなり難にも思えるのが分かるものです。

好きなところ。

一般的にはあり得ない事を平気でKEIに言い出すのはかなり驚きにもなってくるものです。なかなか普通ではあり得ないのが分かるものです。

好きなキャラ。

KEI

好きなエピソード。

勤務初日にいきなり退職した報告を受けるのはかなり意外な感覚にもなってくるものです。腕が良い医者ほど感覚も違ってくるのも分かるものです。

おすすめ。

女性だらけになってくる西城医院でもあるのですがその中でも磯永はキッチリと守って行こうと宣言するが見入ってしまうものです。

作品に関する思い出。

不穏な空気になってくるかと思いきや磯永自身も医療の根底を考えると納得してしまうのです。KEI自身も変わろうとするのも見入ってしまうものです。

作者に関して。

一旦組織が離れようとする中でも再び会いまみえる事にもなってくるものです。なかなか一筋縄ではいかないのも見えるものです。

その他。

磯永自身離れる事に未練がある様な言い方をすると思いきやKEI自身も踏ん切りをつけようとする意識にはかなり共感出来る内容にもなってくるものです。

ありがとう寄稿。

ボブサップさんは今でこそプロレスをしていますが、2千年代初期にはあのK1で大活躍していました格闘家です。キャラが好きでこの本をみつけたときは迷わず買いました。K1時代の舞台裏が書かれていて、そんなことがあったのかと初耳なことが多く読み甲斐がありました。

感想・書評「野獣の怒り:ボブサップ著」ネタバレ注意・K1時代の舞台裏が書かれていて、そんなことがあったのかと初耳(レビュー)。 #読書 - みんなの政治経済ブログ。