読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

クロカン16巻第5話「希望の光」(三田紀房)感想&あらすじ・学校が全焼してしまってから一夜を明ける事にもなってくるのです…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

学校が全焼してしまってから一夜を明ける事にもなってくるのですが全体の疲労感が目立つだけでなくともかなり注目する内容にもなってくるものです。

面白いところ。

試合は無理であると周囲の反応は思っている中でもあるのですが逆にクロカンは試合に出る事を決めているのはかなり注目するものです。

好きなところ。

メンバーから離れていた小鹿、備前も大急ぎでチーム内に戻ろうとするのです。この後の展開に関してはかなり見物にもなってくるのではないかと感じるものです。

好きなキャラ。

黒木竜次、森岡謙一郎

好きなエピソード。

火事になってから周囲の反応も様々な形で出てくるものです。やはり注目となってくるのが「クロカン」でもあるのです。記者からは「続けるのか?」とあるのですがこの答えはどの様な形となってくるのかが見物にもなってくる。

おすすめ。

クロカンを心配にしているのは生徒だけでなくともかつての仲間も心配しているのです。瞳先生の涙にもかなり優しさが分かるものです。

作品に関する思い出。

試合については考えていない周囲の反応でもあるのですが逆に村長は直ぐにクロカンの気持ちが伝わっているのが早くて良いのではないかと感じるものです。

作者に関して。

体調面にもかなり不安が残る形でもあるのですが気になってくるものです。

その他。

試合には無理と反応を示そうとするのですがクロカンは「野球の灯を消してはダメ」と言うのが印象にも残るものです。なかなかここまで実感として沸くのは大変ではないかと感じるものです。

ありがとう寄稿。

テレビの旅番組や旅行雑誌で取り上げられることの多い「秘湯」ですが、そのほとんどが観光地用に整備されたもので、「どこが秘湯なんだ」と思うことも少なくありません。

感想・書評「超秘湯に入ろう!(坂本衛)」ネタバレ注意・屋根やお風呂がないのは当たり前(レビュー)。 #読書 - みんなの政治経済ブログ。