読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

Doctor k-ドクター・ケイ1巻第14話「二人のK」(真船一雄)感想&あらすじ・最後には銃で頭部を撃たれてしまったKでもあるのです…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

両名が揃った事で気持ちの面においてもかなり考えさせる事にもなってくるものです。KEI自身の変化にも共感出来る部分もあるものです。

面白いところ。

KEI自身にも医療を素晴らしいと感じる時があるのはかなり良い感覚にもなってくるものです。しかし生い立ちを追って行くと怒ってしまうのもかなり分かってしまうものです。

好きなところ。

Kは医療の素晴らしさを伝えようとするのですが逆にKEI自身「目標」を言い出すのですがこの意味についてはどの様な形になってくるのかがかなり気になってくるものです。

好きなキャラ。

KEI、KAZUYA

好きなエピソード。

最後には銃で頭部を撃たれてしまったKでもあるのです。それをTETSUの耳に入った事でどの様な物語になってくるのかがかなり気になってくるものです。

おすすめ。

KEI自身の気持ちを考えると医療の根底にあるのは何かを考えさせる事にもなってくるものです。この言葉に関しては自分自身でしか取り戻すのではないかと感じるものです。

作品に関する思い出。

「医療」とは何かを考えさせる事にもなってくるものです。両名の気持ちを考えると答えは出てくるのは無いに等しい事でもあるのではないかと感じるものです。

作者に関して。

この後Kは助かるのかがかなり見物にもなってくるものです。

その他。

CIAに尾行されてた事を気づかないままであった両名でもあるのですが最後には銃で撃たれてしまうのですがこの後の展開にはかなり見物になってくる。

ありがとう寄稿。

過去の未解決事件を専門に捜査する部署である、警視庁捜査一課追跡捜査係に所属する刑事、西川と沖田の奮闘ぶりを描いたシリーズの第6弾です。

感想・書評「暗い穴 警視庁追跡捜査係:堂場瞬一」ネタバレ注意・冒頭から、40歳を過ぎていまだ独身の沖田が、恋人の両親に挨拶(レビュー)。 #読書 - みんなの芸能ブログ。