読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

クロカン15巻第6話「涙のあとに」(三田紀房)感想&あらすじ・記者会見の中で言っていた言葉で結構重みが伝わってくる…ネタバレ注意。 #マンガ

青年マンガ その他
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

記者会見の中で言っていた言葉で結構重みが伝わってくるものです。誰を責める事が無い中でここからどの様な切り替えになってくるか見物にもなってくる。

面白いところ。

短い様な試合日程でもあるものです。走馬灯の様に駆け巡って行くのはかなり凄いと感じるばかりにも思えるものです。

好きなところ。

最後の行こうとする中で備前がこらえ切れなく泣いてしまうものです。しかしメンバーも同じ気持ちの様子でもあるのでかなり共感出来る内容にもなってくるものです。

好きなキャラ。

黒木竜次、坂本拓也、備前大介

好きなエピソード。

観客としていた「森岡、国枝」の両名も言い出すのですがこの両名の行動にもこの後の展開にも注目しながら見て行ければと思うばかりでもあるものです。

おすすめ。

今回の戦いには結果として負けてしまうのですが岡添監督はまだ可能性を秘めている事が実感として分かるのは流石と言えるのではないかと感じるものです。

作品に関する思い出。

負けてしまうと終わってしまうのが甲子園の怖さでもあるのです。選手としても最大限頑張ったと思わず褒めてあげたいと感じるばかりにもなってくる。

作者に関して。

感謝ばかりにも言いたくなってしまうものです。しかしこの内容に関しては読者間でも感じ方が変わってくるのではないかと思うものです。

その他。

本当は一番に涙を見せてしまいたいと思うのはクロカンではないかと感じるものです。しかし最後まで選手達を導こうとするのも優しい展開ではないかと感じるものです。

ありがとう寄稿。

モンゴメリー警部の葬儀の最中に何者かに撃たれて倒れたベケット。生死をさまようベケットが救急搬送される緊迫の場面からのスタートだったので、手に汗握りました。

キャッスル ミステリー作家のNY事件簿シーズン4第1話「悲劇の新たな出発」ドラマ感想&あらすじ・モンゴメリー警部の葬儀の最中に何者かに撃たれて倒れたベケット(ネタバレ注意)。 #DRAMA - みんなの芸能ブログ。