読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

華麗なる食卓47巻その506・劉庵、山籠りの理由と「いただきます」の巻(ふなつ一輝)感想&あらすじ・人里を離れた理由に関しても「恐怖」に近い…ネタバレ注意。 #マンガ

ヤングジャンプ 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

「過去」「いただきます」とそれぞれ展開が異なるかもしれませんが料理に関してはいろんな絡みが出てくるものではないかと感じるものでした。

面白いところ。

劉庵の心に出来た闇に関しては想像出来ない事にも感じるものです。それに、料理人としての再起があるのかもカギになってくるものです。

好きなところ。

人里を離れた理由に関しても「恐怖」に近いものではないかと思いました。ですが、この後に志良堂が見つかるのも分かるものでした。

好きなキャラ。

高円寺マキト、曽根崎結維、土門海

好きなエピソード。

「いただきます」の意味に関しても再び考える事にもなってくるものです。これからの食事に関しても見つめ直す事にもなってくるものです。

おすすめ。

結維が最後に食べたカレーに関しては「美味しそう」にも感じるものです。ですが、辛い物がダメな結維にもまだ辛いのかな?と思ってしまう様な感覚にもなってくるものです。

作品に関する思い出。

読者としても考えさせられる内容にも感じるものです。普通ではこの出来事に関しても理解するまでは時間も掛かってしまうのではないかと感じるものです。

作者に関して。

いろんな意味での想像が出てくるものです。これからの展開がかなり期待するものです。

その他。

この話しに関しては劉庵の過去について語られるのです。一見期待感を抱く様な展開にもなってくるのは分かる様にも感じるものです。