読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

華麗なる食卓41巻その434「圧倒的有利の皇帝サイドと使えないはずのカードの巻」ふなつ一輝・感想&あらすじ・ターリーについて日本とインドの伝統がかなりインパクトが…ネタバレ注意。 #マンガ

ヤングジャンプ 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

ターリーについて日本とインドの伝統がかなりインパクトが強く出てくるものです。料理以外にも勉強になって来るケースも多くあるものです。

面白いところ。

料理の最中にもハプニングは付き物です。ですが、結維のパンチラも思わず「おっ!?」と面白くなってくるものです。

好きなところ。

皇帝の経歴については蓮見が聞いているのですが、この内容についてどの様に感じているのか物語にもかなり印象にも残って来るものです。

好きなキャラ。

高円寺マキト、曽根崎結維

好きなエピソード。

皇帝については蓮見自身も疑問視に感じながら見ているのです。この後に蓮見はどの様になってくるかがカギにもなってくるものではないかと感じるものです。

おすすめ。

タンドールを使う事で皇帝はかなりインパクトが有る様にも感じるものです。インド料理を知らない私も印象が残りやすいと思います。

作品に関する思い出。

マキトも皇帝の料理について驚く事もなく自分の料理を貫こうとするのは良い事にも繋がるのではないかと感じるものです。

作者に関して。

料理だけでなくいろんな面において期待感が増す感じにもなってくるのではないかと思います。

その他。

精進料理についてはマキトや他の料理人達にもいろんな形で考えさせられる事にもなってくるものです。皇帝が「チーズ」についてどの様になってくるかポイントにもなってくる。