面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

すみっこの空さん(たなかのか)感想&あらすじ・亀のプラトンが贈る、哲学(てちゅがく)の話…ネタバレ注意。

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

すみっこの空さん

小学一年生の空さんと亀のプラトンが贈る、哲学(てちゅがく)の話。
日常の中の小さなしあわせを感じさせてくれる素敵な作品です。
特に私は主人公の空さんが大好きで、いつも空さんの言葉に深く考えさせられます。
ほんわか可愛らしい絵柄ですが、内容は深く、感動的で涙を流すこともしばしば…。

小学生ならではの視点と、お隣さん(神さま)の大人の視点。色々な視点から物事を考えられる作品になっていて、とっても面白いです。
カレー作りのエピソードや、幸せのクローバーのエピソードはオススメですよ!
忘れてしまった何かを思い出す不思議な作品だと思います。

私は、この本に出会って少し視野が広くなった気がしました。
普段日常で気にしてなかった些細な幸せを見つけることが出来るようになったのです。
少し切なくて、でも心がほっこりするような空さんワールド、是非読んでみてください。