読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

いぬばか 4巻 第39話「涙の理由」(桜木雪弥)感想&あらすじ・しつけ教室を通じていろんな出来事にも繋がろうと…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

しつけ教室を通じていろんな出来事にも繋がろうとするのです。その中でも飼い主においても解決に導こうとするのはかなり良い感覚にもなるものです。

面白いところ。

ちづる達はめろんを置いて近くを散歩する事になったのですがモニター内での観察出来るのがかなり見入ってしまうものです。

好きなところ。

このタイトルについてはかなり哲平の言葉にも心を打たされる事にもなってくるものです。やはりしつけの本当の意味について考えさせる事にもなってくるものです。

好きなキャラ。

宮内すぐり、飯田哲平

好きなエピソード。

しつけの方法についていろんな方法についてあるのがかなり驚くばかりにもなってくるものです。思わず納得してしまう事にもなるのがかなり共感出来るものです。

おすすめ。

しつけと可愛いと関連付けになってくるのがかなり考えさせる事にもなってくるものです。やはり根底になってくるのが変わらないのが気になってくるものです。

作品に関する思い出。

手を焼いている中で飼い主達には苦労を掛ける事にもなってくるものですがやはり根底の部分を考えるとかなり気持ちにも変化が出やすいのではないかと感じるものです。

作者に関して。

見つめ直す事にもなってくるものですがしつけの大切さを学べる事にもなってくるものです。

その他。

お出かけをしていたちづるでもあるのですがめろんが傷ついてしまっている中で引きずらない様にするやり方にしているのがかなり可愛げにも感じるものです。