読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

天医無縫 4巻 カルテ3「保険医(3)」感想&あらすじ・毒島と小野の両名の迫真に迫った演技には頭が下がる…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想。

原作 伊月 慶悟 劇画 地引 かずや
毒島と小野の両名の迫真に迫った演技には頭が下がる想いです。ようやく決断出来る所まで行けるのはかなり見物にもなってくるものです。

面白いところ。

普段の毒島であればすんなりとこなせるはずでもあるのですが敢えて児玉医師に手術をさせる様に言い出すのはかなり共感出来るものです。

好きなところ。

最初状況説明を受けた児玉医師でもあるのですが気持ちの面においてもどこか上の空である事が見えるものです。しかし敢えて逆の言葉を言い出すのは何とも言えないものです。

好きなキャラ。

毒島丈

好きなエピソード。

児玉医師においては過去の事でメスを握らないと告げるのです。しかし敢えて毒島は児玉医師にオペを上手くさせようとするのが印象にも残るものです。

おすすめ。

結果的には児玉医師は現場に復帰出来る気持ちにもなるのが印象的にもなるものです。なかなか素直ではない所を上手く誘導するのが流石と言えるものです。

作品に関する思い出。

状況をかつての児玉医師と同じ様にするのがなかなかの策略家でもあるのではないかと感じるものです。それに小野看護師から説得される場面においてもかなり納得してしまう所もあるものです。

作者に関して。

やはり現場メインでやって来た医師にはそれが一番似合っているのがかなり分かるものです。

その他。

結果オーライの所もあるのでなかなか素直になれないかと思いきや患者や児玉医師から感謝されるのもかなり共感出来るものです。