読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

おそ松さん(著:シタラマサコ)第3巻【感想ネタバレ注意!あらすじ】下ネタが少なく勢いが無いと賛否両論。 #COMIC

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

「おそ松さん(著:シタラマサコ)」第3巻。良質な公式二次創作

「おそ松くん」を原作にした人気テレビアニメ「おそ松さん」の公式コミック第3巻です。
一巻の頃から(少女漫画レーベルのため)下ネタが少なく勢いが無いと賛否両論ですが、3巻にもなると作者シタラマサコの個性が光り、これはこれで面白い!と素直に言えるものになっています。

下ネタを求める人には向かないかもしれませんが、六つ子達のバカバカしい日常・可愛らしい表情・シュールなギャグなど、アニメの放送が終わってしまった今、新しい供給を得るには十分な作品になっています。
水戸黄門のパロディネタでは、松赤門や松紫門などが出てきて、黄門というからに「黄色」である十四松がオチなのだろうと予想はつくのですが、斜め上のオチが待っていて面白かったです。またこの話でカラ松が「ひかえおろう」という言葉を意味も分からずカッコイイからという理由で連呼しているシーンがあり、それがなんともカラ松らしくて一人でクスクス笑ってしまいました。
F6のネタも扱っていたり、六つ子の両親「松代」と「松造」の出番もあり、読み応えのある一冊になっています。