読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

ジャンプで連載中の漫画との事で、ジャンルはバトルか何かと思いきやなんとサスペンス・約束のネバーランド1巻【感想ネタバレ注意!あらすじ】。 #COMIC

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

約束のネバーランド 白井カイウ(原作)出水ぽすか(作画) 1 ジャンプの新しい看板漫画

約束のネバーランド1巻、かわいらしい表紙のイラストに釣られて買った一冊です。週刊少年ジャンプで連載中の漫画との事で、ジャンルはバトルか何かと思いきやなんとサスペンス。主要人物は、孤児院・グレイス=フィールドハウスで暮らす、元気一杯で明るく、何事も諦めない少女エマ、体力こそはないが、戦略家で常に冷静な判断ができ、エマに好意を寄せているノーマン、読書家でなんでも知っているレイの3人。

孤児院では、ママとよばれる寮母さんと、血は繋がっていない兄弟たちと幸せに暮らしていました。しかし、ある真実を知った事で、その幸せな生活が一変してしまいます。里親が見つかり、孤児院を出ていく事になった女の子コニーが、幼い頃にママからもらった大切なぬいぐるみを忘れていってしまいました。今から行けば間に合うと言うレイ。エマとノーマンの2人は、出口の鍵を外し、コニーを追いかけます。追いかけた先にはトラックが止まっており、そこで目にしたものは、なんと死んでしまったコニーの姿でした。このシーンまで、平和で皆幸せそうで、不穏なんて一切感じさせないようなシーンばかりだったので、鳥肌が立つほどにゾクゾクしてしまいました。更に、見た事もない鬼のような姿をした化け物がコニーを持ち去ります。コニーを連れて行ったママの心配をするエマですが、なんと、この鬼たちにエマを渡したのがママだったのです。トラックの下に隠れていたノーマンとエマでしたが、隙を見て逃げ出し、孤児院へ戻りました。このままでは、自分達もいつか鬼たちに渡されてしまうと悟った2人は、孤児院からの脱獄を決意します。ここまでで1話です。1話だけでこの内容の濃さと衝撃でした。週刊少年ジャンプには、今まで無かったタイプの漫画なのではないかなと思います。この後も衝撃の連続ですが、ご自分の目で確かめる事をオススメします。人に自信を持って勧められる、とても面白い漫画であり、絵も可愛らしくきれいで大変読みやすいです。ぜひご一読ください。