読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

ダイヤのA 8巻 第61話 「夢の舞台へ」(寺嶋裕二)感想&あらすじ・開会式では東西の学生が集結するのです…ネタバレ注意。 #マンガ

マガジン 少年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想。

夢の舞台に向けていろいろと想いが錯綜するのも分かるものです。それに上級生の気持ちが込められているのも納得出来るものです。

面白いところ。

開会式では東西の学生が集結するのです。その中でも人酔いになっている降谷にもかなり面白い展開にもなってくるものです。

好きなところ。

背番号を渡される場面においてはかなり気持ちが高まってくるのも分かるものです。それに丹波の行動にも責任感があるからこその想いが伝わるのも分かるものです。

好きなキャラ。

沢村栄純、御幸一也、降谷暁

好きなエピソード。

降谷においては背番号を渡された時に思わず「追試」と言われるのはかなり面白いものです。野球は強いが勉強はからっきしであるのもユニークにもなるものです。

おすすめ。

沢村においてはヤマを張らせた事で赤点を回避出来るのはかなり凄いにも感じるものです。なかなかここまで的確に出来るのもかなり見物にもなるものです。

作品に関する思い出。

選手それぞれの想いについてはなかなか伝わりにくい部分もあるのですがチームにおいてもたどり着く先には見えてくるのも同じではないかと感じるものです。

作者に関して。

いよいよ予選開始となるのですが青道はどの様な闘い方をするのかがカギにもなるものです。

その他。

名門復活をかけた戦いが始まろうとするのもかなり気になるものです。ですが一つ一つの試練が待ち構えているのもかなり見物にもなるものです。