読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

それでも世界は美しい15巻:椎名橙・著【感想ネタバレ注意!あらすじ】地下の通路に迷いこんでしまったカラとバルドが、脱出を試みるシーン。 #COMIC

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

「それでも世界は美しい」15巻 椎名橙・著

地下の通路に迷いこんでしまったカラとバルドが、脱出を試みるシーンからのスタートでした。火打ち石を発見したものの、使ったことがなくて結局カラを頼りにするバルドが面白かったです。いかにも意志が強そうでまっすぐすぎるまなざしのカラが苦手だったバルドですが、この一件でだいぶ見る目が変わったようですね。

バルドの心の中に居続ける亡きシーラと全く同じセリフを、偶然にもカラが言ったことが大きかったのでしょう。割り切れない思いもそのままでいいと言ったカラの言葉は、とても胸にしみました。今後この二人の関係がどのようになっていくのか、気になるところです。
そして、リヴィウス達一行は温泉旅行に出かけますが、そこでニケと護衛のガルタが誘拐されてしまいます。一難去ってまた一難ですね。ニケは普段はがさつで女らしさはあまりないですが、ピンチの時には凛とした強さを見せるところがとても好きです。次巻では、美少年ガルタが活躍してくれるのを楽しみにしています。