読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

ダイヤのA 8巻 第60話 「信じる心」(寺嶋裕二)感想&あらすじ・戦線離脱していた丹波が練習に戻る事を監督に告げる…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想。

戦線離脱していた丹波が練習に戻る事を監督に告げるのはかなり切ない気持ちにもなるものです。

面白いところ。

それぞれが練習に邁進しているのですが唯一沢村が違和感を感じる中での練習をしているのがかなり面白くなるものです。

好きなところ。

野手陣においても練習内容にもかなり綿密な中にも感じるものです。それに練習の中でも気持ちの面においてもかなり分かるものです。

好きなキャラ。

沢村栄純、御幸一也、降谷暁

好きなエピソード。

丹波において自身の気持ちの面においてもかなり責任感が高く感じるのも分かるものです。それに気持ちの代弁をする監督にもかなり共感出来るものです。

おすすめ。

降谷においても焦ってしまう気持ちにもなるのがかなり印象にも残るものです。しかしクリスにおいても説得力が格段に理解出来るのも分かるものです。

作品に関する思い出。

慌てる気持ちは分かるのですが一歩ずつ歩む事の大切さを実感するのも分かるものです。やはり経験を積んでいる事で分かる部分もあるのではないかと感じるものです。

作者に関して。

それぞれの想いについてはかなり考えさせる事にもなるものです。最終的には何を求めるのかがかなりカギとなるものですしこれからの展開にもワクワクするものです。

その他。

夏の大会においては学校中の想いがかなり込められているのもかなり分かるものです。それに選手だけでなくとも気持ちの面にも分かるものです。