読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

ダイヤのA 8巻 第59話 「一年生代表」(寺嶋裕二)感想&あらすじ・タイトルの意味については話の最後に分かる…ネタバレ注意。 #マンガ

マガジン 少年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想。

このタイトルの意味については話の最後に分かるものです。やはり両名の抜群に上手いのも目の当たりにした気持ちが出てくるのではないかと思うのです。

面白いところ。

野球は一生懸命になれるはずでもあるのですが「勉強」となると表情にもかなり変わろうとするのもかなり面白くなるものです。文武両道と言う瞬間を見せるのです。

好きなところ。

一年生においては基礎トレーニングをしようとするのですがどこか違和感を感じるのですがクリスからの指導で的確な内容にもかなり共感出来るものです。

好きなキャラ。

沢村栄純、御幸一也、降谷尭

好きなエピソード。

チーム内の士気が下がっている事で監督も結城と伊佐敷を呼び出すのです。やはり責任感が強くなるとビジョンも変わるのが分かるものです。

おすすめ。

どこか焦ってしまう内容にもなるのです。しかしクリスもこの状況をどの様に迎えるのかが分かる事で静かに迎えるのも分かるものです。

作品に関する思い出。

普通であれば展開で見ていられない気持ちにもなるものです。しかしそれぞれの気持ちにもかなり変化が出てくるのもかなり共感出来るものです。

作者に関して。

狙いが少しづつ動き出そうとするのもかなり印象にも残るものです。

その他。

野手の二人がピッチング練習をする場面をみた本職も唖然としやすいものです。しかし焦らない事を告げようとする気持ちにもかなり納得してしまうのも分かるものです。