読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

ゴッドハンド輝 8巻 第121話「フリスビー大作戦」(山本航暉)感想&あらすじ・飼い犬の「茶々」が活躍するのです…ネタバレ注意。 #マンガ

その他 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想。

今回の話では飼い犬の「茶々」が活躍するのです。テルとの相性はイマイチでもあるのですが医療においては本領発揮するのがかなり印象にも残るものです。

面白いところ。

フリスビー犬として活躍するはずでもあるのですがどこか遊んでしまっているのがかなり笑ってしまうものです。

好きなところ。

フリスビー会場で颯大が苦しんでいるのを茶々がいち早くテルに知らせるのはかなり関心が高く感じるものです。それを最後まで信じようとするのも分かるものです。

好きなキャラ。

真東輝

好きなエピソード。

フリスビーにおいて基本的には犬のサガを刺激するはずでもあるのですが逆にどこかそっけないのもかなり見てて印象にも残るものです。

おすすめ。

ヴァルハラで入院するか判断に迷っていたのですが茶々が最後まで吠え続けるのはかなり飼い主に知らせようとするのが分かるものです。

作品に関する思い出。

テルは颯大の状況を判断するのも迷いながらでもキッチリと手術に踏み切れるのもかなり印象にも残るものです。

作者に関して。

なかなか子供の判断に迷ってしまう事も結構あるものです。そんな中でのテルの判断力と茶々の気づきにも分かるものです。

その他。

犬の緊急事態においては信じているからこそ重大な事件にもならずに済む場面も結構あるものです。なかなかこの出来事は経験が無い事には出来ないのも分かるものです。