読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

ゴッドハンド輝 8巻 第120話「40点の答え」(山本航暉)感想&あらすじ・癒着の剥離においてかなり勉強にもなるものです…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想。

癒着の剥離においてかなり勉強にもなるものです。四宮においても技術だけでなくともいろいろな面を考える事にもなるのが分かるものです。

面白いところ。

癒着の種類においても2種類があるのはかなり驚くものです。私自身も説明を聞いて思わず「そうなんだ」と関心するものです。

好きなところ。

成長出来る相手がいる事は良い事にもなるのですが北見においても院長を見越しているのが印象にも残るものです。やはり切磋琢磨出来るライバルには嬉しい限りでもあるものです。

好きなキャラ。

真東輝、北見修一、安田潤司

好きなエピソード。

外科医療において素人でも分かりやすく書かれているのが印象にも残るものです。頼りないテルの成長を巻数を追う事で分かるのもインパクトとして残るものです。

おすすめ。

四宮においても一方通行の見方でしか出来ないやり方においてもテルの存在が一番の大切にもなりつつあるのが印象にも残るものです。

作品に関する思い出。

四宮も己自身がメインに出来るのであると過信している中でもテルも譲れない気持ちになっているのがかなり見入ってしまうものです。

作者に関して。

なかなか医療においては共感出来る場面が少ないものです。しかし成長がついてくるのも分かる場面が分かるものです。

その他。

院長においてこの出来事においてヴァルハラプロジェクトを見越しているのが印象にも残るものです。ここからが一番のカギにもなるものです。