読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

ゴッドハンド輝 8巻 第119話「小さなアシスタント」(山本航暉)感想&あらすじ・院長と遭遇する事になったテルでもあるのです…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想。

テルは北見から言われた言葉を考えながらクーパーの練習をする事になったのです。それに意外な所からのアシスタントがかなり印象にも残るものです。

面白いところ。

意外ば所で院長と遭遇する事になったテルでもあるのです。そこで食事を御馳走になるのですがやはり院長の言葉については印象が残るものです。

好きなところ。

練習を重ねた事で緊急手術にもなるのが落ち着いて手術をする事にもなるのですがこの手腕について果たして発揮出来るのかがかなり見物にもなるものです。

好きなキャラ。

真東輝、北見修一、安田潤司

好きなエピソード。

四宮においても手術を北見に見せつけるのですが敢えて声を掛けないのが気になるものです。しかし四宮の気持ちにもかなり変化が出やすいのも分かるものです。

おすすめ。

院長の自宅に行く時テルは練習する事ばかりに頭が行くのですが逆にリフレッシュする事が出来てからかなり考え方にも変化が出てくるのもかなり印象にも残るものです。

作品に関する思い出。

新たなオペをする事になったテル達でもあるのです。自分がやる事を譲らないのはかなり印象にも残るものですがどの様になるかかなり見物にもなるものです。

作者に関して。

新たな一手が見つかるのもかなり印象にも残る事になるものです。

その他。

テルは退院した患者に告知をする場面にはかなり感激にもなるものです。その中でもテルは必死にクーパーの練習をするのはかなり凄いと感じるものです。