読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

ゴッドハンド輝 8巻 第115話「見果てぬ夢」(山本航暉)感想&あらすじ・無事に手術が終えてからの出来事に関しては…ネタバレ注意。 #マンガ

その他 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想。

無事に手術が終えてからの出来事に関してはかなり熱くなれるものです。やはり気持ちの面においてもめげているのがテルの気持ちで変われるのも分かるものです。

面白いところ。

テルにおいては四宮が助手で入った事でかなり気持ちの面においても変わってくるものです。それに院長の気持ちにもかなりかわるのが分かるものです。

好きなところ。

患者においては先々の事を心配する声が聞かれるものです。ですがテルの一言で方向転換にもなるのがかなり共感出来るものです。

好きなキャラ。

真東輝、北見修一

好きなエピソード。

食道の治療をするか戸惑う中で北見においてテルの気迫で最後までやり切れるのはかなり凄いと感じるばかりにもなるものです。

おすすめ。

まだまだ発達段階にも感じるヴァルハラでもあるのです。医師達の気持ちにもこれからも見入っていけるものです。

作品に関する思い出。

今回のオペはいろんな形での成長に繋がるものです。ここまで患者の気持ちにも一生懸命に応えようとするのはかなり見入ってしまうものです。

作者に関して。

なかなか医療に関わる事が少ないと見えない所もあるものです。しかし最後には気迫が分かるものです。

その他。

北見においては院長の期待に応えるのかがかなり気になるものです。しかしそれ以上の気迫になっているのがかなり切ない感覚にもなるのが分かるものです。