読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

ゴッドハンド輝 8巻 第113話「最後の壁」(山本航暉)感想&あらすじ・タイトルの意味についてはかなり考えさせる事にも…ネタバレ注意。 #マンガ

その他 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想。

このタイトルの意味についてはかなり考えさせる事にもなるのですがテルの行動にもかなり凄みを増すものです。

面白いところ。

夜分の器械出し練習に邁進しているテルには思わず応援してしまうのですがその中でも居眠りをしてしまうのもかなり面白いと感じるものです。

好きなところ。

オペに向けてそれぞれの思惑が交差する事にもなるのです。それに最後の想いについては何が絡んでくるのかがかなり見物にもなってくるものです。

好きなキャラ。

真東輝、北見修一

好きなエピソード。

北見もオペを引き受けてから気持ちの面においてもかなり変化が出やすいものです。しかし最後に決めてとなるのが己自身の気持ちにもかなり分かるものです。

おすすめ。

オペ当日になるといろいろな人たちの想いが交わろうとするのです。やはり答えとなるのは一つであるのも共感出来るものです。

作品に関する思い出。

オペ前までは緊迫した展開にもなるものです。なかなかその当事者で無い事には分からない部分もあるものですが常に成功を考えるのも分かるものです。

作者に関して。

なかなか考え込んでしまう展開の連続にもなるものですがやはり気持ちの面においても答えが出てくるのも分かるものです。

その他。

集中していたテルでもあるのですが逆に一旦途切れてしまうのは慌てている姿には分かるものです。しかしそこからの展開にもかなり見物になるものです。