読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

ゴッドハンド輝 8巻 第111話「決断」(山本航暉)感想&あらすじ・テルと院長が飲んだ後に北見の元に行くのです…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想。

北見自身咲坂さんのオペの事で決断しきれないのです。しかし周囲の意見を聞き、見つめなおす事で答えを出そうとするのもかなり見物でもあるものです。

面白いところ。

テルと院長が飲んだ後に北見の元に行くのです。先に寝てしまったテルには伝わらないのですが弱気の時に院長に言った言葉には印象が残るものです。

好きなところ。

初めは弱気の部分を見せた北見でもあるのですが院長はキチンと根底を見る事を告げるのでかなり共感出来るものです。

好きなキャラ。

真東輝、北見修一、安田潤司

好きなエピソード。

咲坂は最後まで諦めたくない事を伝えるのはかなり切ない気持ちにもなるものです。やはりこの選択においてはかなり考えさせる事ばかりにもなるものです。

おすすめ。

迷っていた北見でもあるのですが院長の言葉やそれぞれの経験を元に考えさせる事ばかりにもなるものです。ようやくオペに踏み切れるのも分かるものです。

作品に関する思い出。

大手術においてかなりのリスクになるものですがやはり決断出来るのはいかに気持ちの面においてもかなり考える事ばかりにもなってくるものです。

作者に関して。

北見の気持ちを考えるとかなり複雑にも感じるものです。しかし最後には院長の素直な気持ちを聞ける事でかなり良い方向に向けるのも分かるものです。

その他。

再び出会う事になった北見でもあるのです。気持ちの面においてもかなり変化が出やすいものですし「QOL」についてもかなり考えるものです。