読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

クッキングパパ 2巻 14話「寒い冬には雪見鍋」(うえやまとち)感想&あらすじ・荒岩班での鍋パーティーをする事にもなったのですが…ネタバレ注意。 #マンガ

その他 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

荒岩班での鍋パーティーをする事にもなったのですがそれぞれの想いが分かるのもかなり見物にもなってくるものです。

面白いところ。

田中はいつも通りの大騒ぎする事にしか目が無いものです。一味に対しての酌をすると思いきや直ぐに寝てしまうのもかなり面白いものです。

好きなところ。

夢子が全てやったと敢えてウソを言うのはかなり役者でもあるものです。ですが当事者においては一緒にやるのがかなり気持ちの面においても分かるものです。

好きなキャラ。

荒岩一味、木村夢子

好きなエピソード。

序盤では久しぶりにお一人様になるものです。虹子さんからもゆっくりとする様に言われるのもかなり納得してしまうのです。

おすすめ。

鍋においてはなかなかお見えならないと分からない部分もあるものです。見ててもかなり美味しそうな雰囲気にもなるのが分かるものです。

作品に関する思い出。

最後まで後片付けをする夢子は流石と言えるものです。やはり荒岩班においてはどこか世話好きな所があるのではないかと感じるものです。

作者に関して。

今回は夢の様な時間のひと時にもなっているのがかなり気になるものです。なかなかこの出来事においては当事者出ない事には理解されにくいのもあるものです。

その他。

一味においては密かに世話焼きになるのがらしくて良いものです。しかし夢子においては嬉しさのあまり酔いつぶれてしまうのはかなり驚くものです。